クミンパウダーとは?栄養成分や効果について徹底紹介

豆知識

スパイス料理によく使われるクミンパウダーは、日本でもちょっと有名なスパイスのひとつで、スーパーでも気軽に購入することができます。

料理に加えることで料理が本格的な味わいになり、万能スパイスとして、様々な混合調味料にも使われ、健康効果も高いことから人気のスパイスです。

そこで、クミンパウダーにはどんな栄養が含まれ、どんな効果があるのかご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

■クミンパウダーとは?

エスニック料理やインド料理に欠かせないクミンパウダーは、カレーをイメージさせる香りが特徴で、色々なミックススパイスにもよく使われます。

スパイスと聞くと辛味があるイメージですが、クミンパウダーはほんの少しほろ苦さがあるだけで、基本的に味付けには使用しません。

そのため、料理に加えれば味に変化を付けづに、スパイシーさや本場の風味に仕上げられる使い勝手のいいスパイスです。

 

スポンサーリンク

■クミンパウダーの栄養成分

クミンに含まれる代表的な栄養素は、抗酸化作用のある「ビタミン全般」、貧血予防に効果的な「鉄分」、体の細胞を作る「カルシウム」や「マグネシウム」、体のバランスを整える「カリウム」や「ナトリウム」を多く含みます。

色々な栄養素を含むことで相乗効果に繋がり、高い健康効果が期待できます。

 

 

スポンサーリンク

■クミンパウダーの効能

★免疫力を高める効果

オレンジやレモンなどの柑橘類に含まれる「リモネン」や「テルピネン」は、クミンに多く含まれています。

抗ウイルスや抗菌作用のある成分で、ウイルスや細菌から体を守る効果や、ガンや肺炎なども予防する効果があります。

さらに、抗炎症や鎮痛作用があり、喘息や風邪をひいた時にも使われる家庭薬になっています。

 

★老化防止・美肌効果

インドでは便秘薬として使用され、食物繊維を多く含むクミンは腸の蠕動運動を活発にし、デトックス効果があります。

「クミナール」や「リモネン」はクミンに多く含まれ、強い抗酸化作用が期待でき、豊富に含まれるビタミンも老化防止の効果があります。

さらに、クミンの香りにもなっている「クミナール」や「リモネン」は、リラックス効果や食欲促進効果も期待できます。古代エジプトでも活用され、現代では香水にも使われることもあります。

 

★むくみ改善・生活習慣病予防

クミンには「植物ステロール」が含まれ、コレステロールの吸収を抑え、血中のコレステロール値を下げる働きがあります。

そのため、高血圧や動脈硬化を改善し、生活習慣病予防になります。

また、鉄分も豊富に含まれるため、血流が改善されることでむくみや冷え性にも効果があり、クミンに多く含まれる「カリウム」も同じ効果が期待できます。

 

 

 

スポンサーリンク

■クミンパウダーの効果

ある研究チームが発表した論文では、1日2回スプーン1杯(3g)のクミンを加えたクミンヨーグルトを食べ、それを3ヶ月間続けた実験が行なわれました。

結果はクミンヨーグルトを食べた人はクミンを食べてない人に比べ、約1.4kg多く減量できたそうです。さらに、体脂肪率と中性脂肪までも減少し、BMIやウエストも劇的に変化する結果が出ています。

クミンは新陳代謝を高めると共に脂肪燃焼効果がある、ダイエットにおすすめの食品です。

 

 

■まとめ

何となくカレーに入っているスパイス、と思って食べていたクミンパウダーの素晴らしさが伝わりましたか?

色々な料理や飲み物に加えて、クミンの香りを楽しみながら健康効果が期待できる素晴らしい食品です。

癖がないのもクミンパウダーのいいところで、スパイスを使ったことがない方でも気軽に使うことができます。

みなさんも色々なアレンジをして、クミンパウダーを活用してみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました