コーヒーの代用品はコレ!ノンカフェインでおすすめを紹介

代用・食品

朝食やブレイクタイムに欠かせない「コーヒー」。

 

毎日飲まないと気が進まないという方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、コーヒーにはカフェインがたくさん含まれています。

 

カフェインは体に害なので、気になるといった声もよく聞きます。

 

いきなり毎日飲んでいたコーヒーをやめるのは、ストレスにもなるので良くありませんが、できれば健康のことを考えて、カフェインの少ないコーヒーに置き換えていきたいですよね。

 

今回は、コーヒーの代わりをご紹介していくので、ぜひ見てみてください。

 

スポンサーリンク

■コーヒーの効果

コーヒーに入っている「カフェイン」は、デメリットだけではありません。

身体活動をサポートしてくれる役割もきちんと持っています。

カフェインには、以下の4つの効果があるとされています。

・眠気を抑える覚醒作用
・疲労感を減少させる興奮作用
・身体の血流を促す作用
・老廃物の排出を促す利尿作用

これらを見る限りでは、「カフェイン」は私たちの生活に必要な成分でもあります。

 

しかし、飲み過ぎは良くありません。

コーヒを飲みすぎて、カフェインを摂り過ぎてしまうと、体にも悪影響を及ぼします。

 

例えば、めまいや吐き気、下痢といった症状が出ることがあります。

 

コーヒーは1日2~3杯を目安に飲みましょう。

スポンサーリンク

■コーヒーの代用

ここからは、コーヒーの代用品を4つご紹介します。

どれも体に優しい飲み物ですよ。

★たんぽぽコーヒー

「たんぽぽコーヒー」はその名と通り、たんぽぽの根を乾燥させたものから抽出されています。

カフェインを使っていませんが、風味や味はコーヒーそのものです。

腸内環境を整える働きや冷え性を改善する働きがあるため、妊婦さんに人気の飲み物です。

戦時中に飲まれていたそうで、歴史も深いですよ。

 

★大豆コーヒー

大豆は健康食品として有名です。

大豆を焙煎したコーヒーが「大豆コーヒー」になります。

ダイエット効果や女性ホルモンを整える働きがあるため、若い女性や妊婦さんにおすすめのコーヒーです。

大豆の香ばしい香りが特徴的で、コーヒー通の方でも満足できますよ。

 

★チコリコーヒー

あまり馴染みのないワードですが、「チコリ」というのは、ヨーロッパ原産のキク科の植物です。

チコリの根を焙煎し、コーヒーの粉のように挽いたものが「チコリコーヒー」です。

フランスでよく飲まれているコーヒになります。苦味があるので、ブラック派の人におすすめです。

 

 

チコリコーヒーにも、整腸作用があるので、健康にも効果が期待できますね。

 

★雑穀コーヒー

ライ麦や大麦などの粉末を炒って作った飲み物が「雑穀コーヒー」です。

ノンカフェインで、天然の食物繊維やビタミンB群も摂取することができます。美容にも効果的です。

穀物コーヒーは香りが良く、優しい口当たりが特徴の代用コーヒーです。

スポンサーリンク

■カフェイン摂取を控えたい方におすすめ!

代用コーヒーはノンカフェインであることがほとんどです。

 

入っていたとしても、少量なので健康的にコーヒーを楽しめます。

 

特にハーブティーやルイボスティー、たんぽぽコーヒーはカフェインが入っておらず、リラックス効果もあります。

 

ホッとひと息をつきたい時は普通のコーヒーではなく、代用コーヒを飲むのも一つの手ですね。

 

 

スポンサーリンク

■まとめ

・コーヒーにはカフェインが多く含まれている。

・カフェインの効果は以下の通り。
【覚醒作用・興奮作用・血管拡張作用・利尿作用】

・カフェインを摂取し過ぎると、健康に害を与える。

・代用コーヒーには以下の飲み物がある。
【たんぽぽコーヒー・大豆コーヒー・チコリコーヒー・雑穀コーヒー】

・代用コーヒーはノンカフェインで健康的な飲み物である。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました