シナモンの効果・効能はこれ!なくても代用できるモノ徹底紹介

代用・食品

シナモンロールやアップルパイには欠かせないシナモンですが、スイーツ以外に、インド料理、台湾や中華、エスニック料理など多くの国でも使用され、ワインやチャイ、コーヒーなど使用用途も幅広く、香りが独特で主張が強いスパイスなのに色々なものに化けられます。

 

様々な国で使用されるスパイスですが、人気がある反面、やはり独特の香りと風味は好き嫌いが別れ、家庭で楽しみたいけど、匂いだけで嫌がってしまわれたりしますよね。

 

そんなときの為に、シナモンの代用になるものご紹介します。

 

スポンサーリンク

■シナモンの効果・効能

★冷え性、むくみ解消

シナモンは桂皮とも言い、漢方でも使用され、桂の字が付く漢方にシナモンが含まれています。発汗作用や血流促進効果、カリウムが豊富なため、むくみ、冷え性に効果的です。

 

★抜け毛

血流を改善させる効果があり、全身の毛細血管まで酸素や栄養を運ぶことができ、頭皮の毛穴も元気になり、抜け毛や、白髪に効能があるといわれ綺麗な髪の毛を保つことができます。

 

★アンチエイジング

シミやシワの原因になる酸化や、糖化を防ぐ効果があるシナモンは、砂糖の代わりにコーヒーに入れたり、ヨーグルトに入れれば美容に効果的です。

 

スポンサーリンク

■シナモンの代用

★リキュール・洋酒

お菓子でもよく使うブランデーはブドウから、ラム酒はサトウキビから作られるなど、香りに特徴があるものが多く、いいアクセントになり、シナモンに引けを取らない仕上がりになります。

 

★バニラエッセンス

スイーツやコーヒーなど、あまい香りを加えたい時にバニラエッセンスで代用すれば、甘い香りが楽しめて、シナモンの代用になります。

 

★ミックススパイス

主にクローブ、ナツメグ、シナモン、カルダモン、クミンなどを調合して作られる、スイーツにも料理にも使える万能スパイスです。

 

紅茶に入れればチャイのような味わいになり、お肉料理やカレーに使えば臭みけしや、隠し味になります。

 

中にはチリペッパーや胡椒が入っていたり、種類によって調合されるスパイスが違うので、スイーツに入れる場合、スパイシーな風味が苦手な方は気を付けて購入してください。

https://twitter.com/celebshopnozomi/status/1291574057658277888?s=20

 

 

★ニッキ(桂皮)

八つ橋やニッキ飴と言えばだいたい味や香りが想像でき、シナモンと似てるなと思ったことある方もいるのではないでしょうか。

 

それもそのはず、同じ種類の樹皮から採れるものなので似ています。原産国が違い、ニッキの方が少し辛味があったり、スパイシー感があります。

 

★五香粉

ウーシャンフェンと言い中国の代表的なスパイスで様々な配合があり、ミックススパイスと同じように混合香辛料になります。

 

主に混合されるのは花椒、クローブ、シナモン、八角で、ミックススパイスとあまり変わりません。

 

こちらも製品によって配合が違うので、原材料を見て購入しましょう。

 

★クローブ・カルダモン

ミックススパイスにも入るクローブやカルダモンはシナモンのようにスパイシーな香りがするのでいいアクセントになります。

 

どちらもインド料理に使用したり、スイーツにもチャイにも使われ、カルダモンとクローブ、シナモンセットで使うことも多いです。

 

幅広い使用用途があります。

 

 

スポンサーリンク

■まとめ

シナモンの代用品としては同じスパイスにもなるものが多く、料理に使う場合も、スイーツに使う場合も同じものを使うものがほとんどですね。

シナモンの独特の香りは身近なもので代用するには少し難しいかもしれませんが、手軽に手に入るバニラエッセンスやリキュール、洋酒を使うことによって、違った味わいや、香りを楽しんだり、シナモンに引けを取らないもので代用して楽しんでみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました