オールスパイスって何?使い方と代用品を徹底紹介

代用・食品

オールスパイスと聞くと正直あまり耳にしないですよね。

 

でも意外と身近な味に近かったり、どこかで味わったことがある味と思わせるような風味や香りのスパイスなんです。

 

スパイスコーナーで買おうとしても、オールスパイスは購入者が多く、スパイスを使ったことがない初心者でも手軽に使えるスパイスなので、売り切れることも多いんです。

 

そんな時に役立つオールスパイスの代用品や使い方をご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

■オールスパイスとは

オールスパイスはジャマイカペッパーとも言い、コロンブスによってジャマイカからヨーロッパに持ち帰られ、中南米やヨーロッパで使われているミックススパイスです。

 

主にシナモン、クローブ、ナツメグを混ぜて作られ、黒コショウやチリペッパーなども混合されることがあります。

 

香りのいいオールスパイスにはビタミン、カリウム、カルシウムなどの栄養素が豊富に含まれ、疲労回復や新陳代謝の促進など健康効果もあり、香りにはオイゲノールという成分があり、リラックス効果があります。

スポンサーリンク

■使い方はいろいろ

お肉やトマト料理、ソースなどに使われ、生野菜、スイーツや果物とも相性がよく、スパイシーな味わいと香りが楽しめます。

★フライドチキン、から揚げ

複雑なスパイシーさが香ばしい衣と相性が良く、肉の臭み消しにもなり、いい役割をしてくれます。

 

★マリネ、ピクルス、サラダ

素材の味を引き立たせるスパイスだからこそ、スパイスを使うと美味しくなります。

 

★カレー、シチューなどの煮込み料理

隠し味や、メインスパイスとしても使われるオールスパイスは間違いなくワンランク上の仕上がりになります。

https://twitter.com/eri_fortystyle/status/1212576879347060736?s=20
https://twitter.com/wagyu_marimekko/status/1291692262548635650?s=20

 

★インスタントラーメン、レトルトカレー

スパイスを混ぜることで深みになり、一味も二味も美味しくしてくれます。

 

★ドリンク

オーガニックの自家製シロップを作ったり、お酒や紅茶、コーヒーに入れてリラックス効果のある香りを楽しむことができます。

 

★スイーツ

甘味の奥にほのかなスパイシー感が加わり、香りもよく仕上げられます。

 

https://twitter.com/chiricache/status/1103202963068076032?s=20

 

スポンサーリンク

■オールスパイス代用

★ナツメグ

お肉の臭みけしにも使われるナツメグはオールスパイスの使用用途と似ていて、スパイシーな風味もあり、ハンバーグでもよく使われるナツメグは手軽に使えるスパイスなので代用品としておすすめです。

 

★五香粉

ウーシャンフェンという中国のミックススパイスです。

花椒や八角などが入ることがあるので、中華風味がある五香紛ですが、肉料理との相性がよく、オールスパイスに引けを取らない仕上がりになるので代用品としておすすめです。

https://twitter.com/qgaxxx/status/1288051944775225344?s=20

 

★ガラムマサラ

インド料理に多く使われるミックススパイスです。

 

味よりも香りづけや、隠し味、メインスパイスを補うなど、脇役に使われることが多く、カレーの隠し味に使う代表的なスパイスです。

 

少し物足りなさがあるかもしれませんが、スパイシーな香りを出してくれるので代用品に向いています。

 

 

★ハーブソルト

たくさんのスパイス、ハーブが調合されたハーブソルトはオールスパイスより身近なものではないでしょうか。

 

スーパーでも色々な種類が売られているので、自分好みのものを選んでみてください。

 

★合わせ技もあり

オールスパイス自体がない場合、主に入っているナツメグ、シナモン、クローブ、胡椒などを掛け合わせて、オリジナルのオールスパイスで作るのもおすすめです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

■まとめ

いろいろなスパイスやハーブを混合したスパイスが販売されていますが、オールスパイスは色々な使用用途があり、オールスパイスが家にあると大活躍しますね。

代用品を使っても美味しく仕上げることができ、慣れてきたら自分でスパイスを調合して、オリジナルのオールスパイスにもチャレンジしてみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました