チリパウダーの代用品はこれ!チリペッパーとの違いについてもまとめました

代用・食品

タンドリーチキンやチリコンカン、タコスなどのメキシカン料理には欠かせないチリパウダーは香りもいいです。

これさえあればスパイシーに仕上げてくれる万能調味料で、カレーの隠し味にも使え、使い道も多いチリパウダーを常備している家庭も多く、お子様のいる家庭でも、辛味が少ないチリパウダーは唐辛子より活躍しますね。

でも1回の使う量が多いチリパウダーは足りなくなることもあり、仕上がりもスパイシー感が物足りなくなります。

そんな時に役立つチリパウダーの代用になるものご紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

■チリパウダーとは?

メキシコから北アメリカにかけての料理やスペイン料理などによく使われるミックススパイスです。

メキシコ料理に多く使われるチリパウダーは、アメリカで発明されたもので、実際は、メキシコの調味料ではありません。

諸説ありますが、簡単にメキシカン料理を作れるように、メキシカン料理に必要なスパイスを調合したのがきっかけになっています。

唐辛子にオレガノ、クミンなどの香りのいいハーブを混ぜ、ガーリックでさらに香りを引き立ててくれるスパイスです。

スパイスを混合しているチリパウダーと唐辛子のみの単独スパイスのチリパウダーは日本でも、英語でも発音は同じで、混同されやすく、お店に並んでいるものも、メーカーによって混合したスパイスと単独のスパイスで名前が同じになっていることがあります。

しっかり原材料を確認して購入しましょう。

 

スポンサーリンク

■チリパウダー代用

★一味・七味

辛味を足したいのであれば一味や七味を加えるとグッと辛さが増して、料理にスパイシーさが出ます。辛い物がお好きな方におすすめです。

https://twitter.com/takanananame/status/1053800287155023872?s=20

 

 

★チリソース

辛い物が苦手な方や、お子様がいる家庭にもおすすめなのがチリソース。

トマトを主体としているので甘味が増し、旨味も出してくれるので、食べやすくなります。

チリソースとスイートチリソースについての詳細まとめ

 

 

★豆板醤

甘さと酸味がある豆板醤ですが、料理に影響が出るほどの酸味はなく、程よいピリ辛に仕上がります。

また、発酵調味料なので旨味が足され、美味しく仕上がります。

 

★スパイス(クミン・オレガノ・ガラムマサラ)

元々クミンやオレガノ、ガラムマサラ、ガーリックが含まれているものが多く、辛味がいらない場合や、自分で調節したい場合は、スパイスやハーブ単体で足すのもおすすめです。

 

★カレー粉

カレー粉は色々なスパイスやハーブが混ざっていて、野菜やお肉の旨味も閉じ込めています。

カレー粉に含まれているものはチリパウダーにも含まれ、馴染みの辛味と香りはチリパウダーの代用としておすすめです。

https://twitter.com/aoitanaka0202/status/510726701714636800?s=20

 

 

★チリペッパー

ホットな辛さが特徴で、辛味が苦手な方でも調節できるので、チリパウダーの代わりには、チリペッパーがおすすめです。

 

 

 

スポンサーリンク

■チリパウダーとチリペッパーの違い

チリパウダーは赤唐辛子を主体に、パプリカ、クミン、オレガノなど数種類のスパイスをミックスしています。

 

メキシカン料理やお肉料理にかけたり、カレーの隠し味などに使用し、香りの効いた料理に仕上げます。

 

一方チリペッパーは赤唐辛子のみを原料にしたスパイスで強い辛味が特徴です。

 

麻婆豆腐やチリソースの原料にもなるシンプルな辛味のみの調味料です。

 

名前は似ていますが、間違ってしまうと料理が食べられないものになってしまったり、雰囲気が台無しになってしまうことがあるので、間違えないように注意しましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

■まとめ

チリパウダーを切らしてしまうと辛味や香りが物足りなくなってしまいますが、家にあるもので簡単に代用できるので、料理の出来も損なうことなく美味しい料理が味わえます。

ものによっては好みがあり、お子様にはカレー粉やスパイス単体を使うことができ、家族で料理を楽しむこともできます。

自分の料理の幅が広がるので、色々試してみてはいかがでしょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました