カカオパウダーとココアパウダーの違って何?効果や代用品も一気に紹介

スポンサーリンク
代用・食品

ココアを買いにとお店へ行ったら、ココアパウダーの脇にカカオパウダーが。この2つは何が違うの?そんな思いをした人いませんか?

 

両方ともパウダー状で茶色いため、同じものだと思っている人もいるかもしれませんね。

 

でも、この2つは別物なのです。

今回はカカオパウダーとココアパウダーの違いと、ないときの代用品をご紹介します。

 

スポンサーリンク

■ カカオパウダーとココアパウダーの違いは?

カカオパウダー・・・カカオ豆からココアバターを取り出した後、そのまま粉砕して粉にしたもの

ココアパウダー・・・カカオ豆からココアバターを取り出した後、熱を加えて粉にしたもの

2つの差は生のまま細かくするか、熱を加えて焙煎しながら細かくするかの違いになります。

 

他にも、ココアパウダーは飲みやすくするため、糖分や乳脂肪などを添加することが多いです。

 

糖分などが入っていないものは純ココアと呼ばれます。

 

 

スポンサーリンク

■カカオパウダー効果

カカオパウダーは生のまま粉にするため、カカオ豆のミネラルをそのまま食べることができます。

 

ミネラルの中には加熱すると壊れてしまうものもあるので、そのまま取れるのは嬉しいですよね。

 

ココアパウダーは加熱処理をしてしまうため、栄養が少なくなってしまうのが残念なところ。

 

栄養の面を考えるのであれば、カカオパウダーの方が有利です。

 

主な栄養はフラボノイドやテオブロミン、ポリフェノールなどが含まれています。

 

その中でもカカオ豆にしかほとんど含まれていない、「テオブロミン」は特筆すべき栄養です。

 

血管を広げて血流の流れをよくすることによって、体温上昇や冷えの改善などが期待できます。

 

 

テオブロミンに含まれるセロトニンにはリラックス効果もあるので、ストレスを感じやすい人は積極的に取ると気持ちを落ち着かせることができそうです。

 

 

ポリフェノールには抗酸化作用があり、老化や免疫力低下への悪影響を及ぼす活性酸素の働きを弱めてくれる働きが期待されます。

 

 

苦みがあるので、味の調整のための糖分や乳脂肪の取りすぎには気をつけなければなりませんが、健康や美容の面からも積極的にとりたい食材ですね。

 

 

スポンサーリンク

■カカオパウダーの代用品

本格的な風味が出せて、甘みがないことからお菓子作りに使っている人もいるのではないでしょうか。

 

ホットチョコレート、ブラウニーやクッキーなどに使いますが、使いたいときに切れていることもありますよね。そんなときはこれで代用できますよ。

 

☆ 高カカオのチョコレート

チョコレートもカカオ豆から作られていますので、十分代用可能です。

 

ここでいう高カカオチョコレートは、できれば90%以上のものをおすすめします。

 

パーセンテージが上がるほど、同じように甘みがなくなっていくので、味はほとんど変わらなくなります。

 

固形になっているため、振りかけるものではなく生地に練りこんだり、溶かして作るものに入れるのが向いています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

2020.8.2 『オートミールクッキー』 ~バナナver.~ コレコレ~!! 求めてたのはコレ~!! ザックザクで 歯ごたえバッチグー(o′З`)b 材料は オートミールと バナナと 高カカオチョコレートの3つだけ~。 あっ オリーブオイルも少し入れたから 4つやったわっ ( ꇐ₃ꇐ )エヘ #オートミール 60g #バナナ 一本 #高カカオチョコレート 適量 #オリーブオイル 少々 を混ぜて オーブンで焼くだけ~ˊᵕˋ)੭ 時間が経ったらしっとりクッキーに。 #オートミールクッキー #チョコバナナクッキー #オートミールレシピ #おやつタイム#おやつの時間#手作りおやつ#コーヒータイム#うちカフェ#おうちカフェ#フーディーテーブル#おうちごはんlover#マカロニメイト #暮らしを楽しむ #暮らし

ʸᵒᵏᵒ(@chouge_22)がシェアした投稿 –

 

☆ ココアパウダー

ココアパウダーは製造方法が違いますが、原料は同じカカオ豆ですので、風味はほとんど変わりません。

 

同じ粉状でもありますので、使い勝手はもっとも近い代用品といえます。

 

ココアパウダーの中には糖分が入っているものが多いので、甘みの調節に注意して使うようにしましょう。

 

☆ 黒ゴマきな粉

カカオパウダーとは原料はまったく異なりますが、香ばしさからいえば代用することが可能です。

 

チョコトリュフやパウンドケーキなどの表面にまぶすといった、お菓子の表面処理の代用に向いていますよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

今日は皆が大好きな豆腐白玉もちもちドーナツ生地に黒ゴマたっぷり入れて、仕上げにきな粉バージョンとココアバージョンで作りました抹茶豆乳ドリンクで、さっぱり和スイーツで 連日猛暑日。。そして、連日多忙中…今年はお盆も私はずっと仕事なので、明日から旦那氏が主夫してくれるそうです頑張ってもらおう。。そして、私も頑張ろ… #てづくりおやつ#手作りおやつ#ドーナツ#てづくりドーナツ#豆腐ドーナツ#和スイーツ#黒ゴマきなこ #豆乳抹茶#抹茶#抹茶豆乳 #抹茶豆乳ラテ#instagram #instasweets#クッキングラム

manami❤︎(@manami_nsan)がシェアした投稿 –

 

☆ カカオニブ

カカオニブはカカオ豆の殻を取り除いて、胚乳部を焙煎して砕いたものです。

 

チップ状になっていて、ナッツのような香ばしさと食感があります。

 

カカオニブもカカオ豆からできたものなので、風味はほとんど変わらず使うことができます。

 

チップ状のため、フードプロセッサーなどで粉に近い状態に細かくすると、使いやすくなりますよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

この時期の毎年の楽しみ☺️ #いちじく#カカオニブ#パルテノ#オリゴ糖

ファビ(@fabi_reset)がシェアした投稿 –

 

☆ カカオマス

カカオマスはカカオニブをすりつぶしたものです。

 

チョコレートの原料になることもあって、これからチョコレートを自作する人もいます。

 

カカオマスには糖分や乳脂肪が含まれていないので、そのまま食べるとかなり苦みを感じます。

 

風味や味はカカオパウダーとさほど変わりがありませんが、粉状ではないため、溶かして使う料理に向いています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

木の実のガトーショコラ クルミやアーモンドを トッピングした 木の実のガトーショコラ✨ ビーガンのレシピです カカオマスを使って 濃厚なガトーショコラにしました✨ 豆乳とアーモンドプードルを使用し 中にはイチゴジャムも加えて 味の変化も楽しめます✨ @cinqquarts #ガトーショコラ #ビーガンスイーツ #カカオマス #cacaomass #vegan #クルミ #いちご #アーモンド #アレルギー対応スイーツ #焼き菓子愛 #からだに優しいお菓子 #手作りお菓子 #福岡お菓子教室 #博多区お菓子教室 #cinqquarts #お菓子教室サンクカール

ビーガンスイーツ研究家 kyoko osumi(@cinqquarts)がシェアした投稿 –

 

☆ 紅茶パウダー

紅茶パウダーとはシフォンケーキやクッキーに入れるために、紅茶の茶葉を細かくしたものです。

 

チョコレート風味のクッキーを作ろうとしても、紅茶風味のクッキーになる、という具合にまったく異なる風味になるので、割り切って使うようになります。

 

パウダー状ですが、振りかけて使うよりはスポンジなどに練りこんで使った方が、パサパサしないで使うことができるので、おススメです。

 

 

スポンサーリンク

■ まとめ

カカオパウダーのことがおわかりいただけたでしょうか。

● カカオパウダーは生のカカオ豆を加熱処理せずに加工したもの
● ココアパウダーとは原料は一緒でも、作り方に違いがある
● テオブロミンやポリフェノールといった栄養が含まれている
● 栄養は美容や健康の面からも優秀な食材
● 代用品は風味や形状を考えながら向いているものを使う

カカオパウダーとココアパウダーは同じものだ、と思っていた人もいるかもしれませんがカカオパウダーの方が、カカオ豆の栄養をそのまま取れることがわかりました。
美容と健康に効果が見込めるのも嬉しいですよね。

くれぐれも取りすぎには気をつけて、程よく続けて食べていきたい食材です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました