ベーキングパウダーはコンビニに売ってる?その他販売店をご紹介

未分類

テレビや動画番組でお菓子を作っているところを見ると、自分も作ってみたい、という衝動に駆られることがありますよね。

小麦粉や砂糖はあるけどベーキングパウダーがない、という経験がある人も多いのではないでしょうか。

今回はベーキングパウダーがコンビニエンスストアで簡単に買えるのか、どこで売られているものなのかを解説します。

 

 

 

スポンサーリンク

■ベーキングパウダーはコンビニに売ってる?

残念ながらコンビニエンスストアの公式サイトには情報がなく、実店舗へ行っても見当たりません。

仮にあったとしても製菓学校の近くなど、かなり限定的になると思われます。

小麦粉や片栗粉、てんぷら粉くらいなら取り扱いがありますが、コンビニエンスストアで買うことはできないと思った方がいいですね。

 

 

スポンサーリンク

■100円ショップ別のベーキングパウダーをそれぞれ解説

★ダイソー

2021年6月現、在公式サイトでは取り扱いがありませんが、実店舗で確認したら置いてありました。

内容量は70g、製造者は西日本食品工業株式会社と記載されています。

数年前まで、ダイソーのベーキングパウダーは、ミョウバン(アルミニウム)が入ったものを販売していました。現在は「アルミフリー」と記載されているため使用されていません。

 

★セリア

2021年6月現在、取り扱いがないために取り寄せもできない状況です。

 

★キャンドゥ

2021年6月現在、公式サイトによると取り扱いはありません。

2020年の時点では100均でも取り扱いのあったベーキングパウダーですが、2021年時点では取り扱いがないところが多かったです。

バレンタインデーが近くなるとイベント品として入荷することもありますが、定番商品ではないということがわかります。

スーパーや、製菓材料が多く売られているところで買うのが無難といえるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

■ダイソーのベーキングパウダーは苦い?口コミを調査!

ダイソーのベーキングパウダーの口コミを見てみると、「苦い」という声が聞かれます。

これはどういうことなのでしょうか。

ベーキングパウダーが苦く感じるのは、成分に含まれている「重曹(炭酸水素ナトリウム)」のせいです。

ベーキングパウダーには必ず重曹が入っているので、少なからず苦みは感じてしまいます。

炭酸水素ナトリウムが、どれくらい含まれているかメーカー別に比べてみましょう。

ダイソー・・・30%
日清・・・26%
アイコク・・・25%
cuoca・・・24%

ベーキングパウダーの主要メーカーと比べると、このような差になりました。

このことからもダイソーのベーキングパウダーが苦く感じてしまう、という人が多いのではないでしょうか。

苦みが気になるようであれば、炭酸水素ナトリウムが少なめのものを選ぶといいですよ。

 

 

スポンサーリンク

■業務スーパーで買えるベーキングパウダーの評判

業務スーパーで買えるベーキングパウダーは「井上清助商店」のものです。450gの缶に入っているものと、50gの袋に入っているものがあります。

 

・いい口コミ
「ミョウバン不使用の文字が入っているため、アルミフリーで安心」
「近所のスーパーが全部売り切れだったのに業務スーパーにはあった」
「金額が安い」

 

・悪い口コミ
「大きい缶のものしかなくて使い切れなかった」
「個包装になっていなくて保存しづらい」

大きな缶の容器も50gの袋のものも、個包装にはなっておらず1度に使い切れないときには保存に困ってしまう人もいるようです。

中には密封袋に入れ替えていたり、プラスチック容器に入れ替えている人も見受けられました。

 

 

■業務スーパーで買えるベーキングパウダーの値段は?

業務スーパーで買えるベーキングパウダーは2種類あります。

50gの袋に入っているものが85円(税別)、450gの缶に入っているもので625円(税別)です。

450gの容量はスーパーなどでは、あまり見かけないサイズですよね。普段からお菓子作りをしている人には、容量もコストパフォーマンスもよいのではないでしょうか。

 

■業務スーパーで買えるベーキングパウダーの開け方は?

袋のタイプであれば封を切ればいいですが、缶のタイプはあまり見かけないふたです。

容量が450gのベーキングパウダーは缶のため、開け方に戸惑ってしまう人も多いかと思います。

手で開けようとすると、けがをしてしまうかもしれませんので、以下の方法で開けてくださいね。

1・マイナスドライバーをふたのふちに引っ掛けます
2・反対側を下に押し下げて、テコの原理で開けます

昔はドロップのような缶にも採用されていましたが、最近はあまり見なくなりましたね。

スプーンの柄を使っても開けられますが、曲がらないように気をつけてくださいね。

10円玉をふたの下に引っかけて、くるっと回すようにしても開けられます。

 

 

■まとめ

● ベーキングパウダーはコンビニエンスストアでは売られていない
● 2021年6月現在、100均で取り扱いがあるのはダイソー
● 業務スーパーでもベーキングパウダーは売られている
● ベーキングパウダーが苦いのは重曹(炭酸水素ナトリウム)の割合が多いため

ベーキングパウダーが、売られている場所について解説しました。

スーパーの製菓材料コーナーで売られていますが、大量に使いたいときは業務スーパーで大容量のものを購入する方法があることもわかりました。

ベーキングパウダーは成分の配合によって、少し味が変わることもわかりましたね。

苦みが気になる場合は重曹の割合が少ないものを選んで、おいしいお菓子を作ってくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました