UVレジンの硬化時間とは?おすすめの時間帯もご紹介

豆知識

硬化時間とはUVレジン液が固まるまでの時間を指し、紫外線量が多いと早く固まります。

しっかり硬化させないと、表面がべたついたり形が崩れてしまったり、綺麗に仕上がりません。

慣れてくるとおおよその時間がわかりますが、これから始める方やそこまで経験がないと難しいですよね。

そこで、UVレジンの硬化時間や、おすすめの時間帯なども一緒にご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

■UVライトの場合!UVレジンの硬化時間はどのくらい?

UVライトは紫外線を当てることができるライトです。

UVレジンに使われるUVライトには主にコンパクトな9Wと大きいサイズの36Wがあります。

ワット数によって紫外線の強さが変わり、硬化時間が違い、9Wは5~10分、36Wであれば2~5分で固められます。

 

 

 

スポンサーリンク

■太陽光の場合!UVレジンの硬化時間はどのくらい?

紫外線で固まるUVレジンは、太陽光のあたる場所に放置しておくだけで固まっていきます。

直射日光の当たる窓際に置けば、晴れの日は30分~1時間、曇りの日は1~2時間で固められます。

時間によって陰ってしまったり、最近はすりガラスやUVカットの窓も多いので、置く場所や窓の素材には気を付けましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

■太陽光の場合!UVレジンが早く固まるおすすめの時期や時間帯とは?

★時期

紫外線は1月から徐々に増え始め、注意喚起される夏場の7~8月は1年の中で紫外線が1番多く、9月から1番低い12月に近づくにつれ下がっていきます。

そのため、夏場の炎天下に晒せば、10分しないうちに固まり始めますので、太陽光でも作業がはかどります。

 

 

 

★時間帯

季節に限らず時間によっての紫外線量が変わます。

10時から14時がピークで前後1時間までは紫外線が多く、夕方までに終わらせるのがおすすめです。

日照時間によって多少前後するので、冬場は1時間ほど前倒しで考えましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

■太陽光の場合!UVレジンが固まりにくい時期や時間帯は?

★時期

冬場の11月から2月にかけては紫外線が少なく、固まりにくいです。通常30分~1時間で固まりますが、冬場は少量ずつ固まらせるか、厚みのあるものは1~2日放置するのがおすすめです。

雪の日が多い地域の方は特に、天気にも注意しましょう。

 

 

 

★時間帯

1日のうち日が沈み始める16時から、日の出の1時間後までは紫外線が少なく、1晩置いても夜間にはほとんど固まりません。

そのため、夕方に作業を始めるのは避けるか、翌日のお昼頃まで固まるのを待ちましょう。

 

 

 

■まとめ

冬場は固まりにくかったり、夜間は固められなかったりするので、ご紹介した時期や時間帯を参考に、作業してみてください。

UVレジンはUVライトを使えば、硬化時間も大幅に短縮でき、夜間や冬場でも安定して作業ができるので、活用してみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました