CRC556は接点復活剤として使える?接点復活剤の人気商品もご紹介

豆知識

工具コーナーでよく見かけるCRC556。ドアのきしみ直しや、さびを落とすなどに使える万能工具というイメージが強く、家にあるという人も多い商品ですよね。

イメージの通り、接点復活剤としてCRC556は使えるのでしょうか。

CRC556が接点復活剤として使えるのかどうか、ネットで人気の接点復活剤はどれなのかを解説します。

 

 

スポンサーリンク

■CRC556は接点復活剤なの?

接点復活剤ではありません。

内容成分はよく似ていますが、金属製品の摩耗やさび止めの「潤滑剤」と解釈するといいでしょう。

オールマイティに使えますが、専門的に特化したものではなく、使うのを避けたほうがいいものもあります。

接点の復活に重点を置きたいならば、接点復活剤と表示されているものを使いましょう。

 

スポンサーリンク

■CRC556は接点復活剤の代用として使っても大丈夫?

メーカーのホームページでも、代用できると載っています。

CRC556は通電を妨げる原因の一つでもある、軽いさびを落とせる潤滑剤です。

使うことによって通電を改善する効果は、ある程度見込めます。しかし電気関係の部品によっては、悪影響が出ることもあるため、積極的に代用はおすすめできません。

代用として使うのであれば、急を要する場合のみの使用がいいですね。

 

 

 

スポンサーリンク

■CRC556を使用する上で気をつけること

CRC556は金属の製品全般に使えますが、電気機器に使うと壊れてしまうものもあります。

電気機器の部品には樹脂部分が多く使われています。ここにCRC556がついて時間がたつと、溶けてドロドロなんていうトラブルも起こりえます。

なんとなく万能のイメージがあるため使いたくなってしまいますが、使うときは金属部分だけに塗るよう気をつけましょう。

 

 

スポンサーリンク

■ネットショップでおすすめ!接点復活剤の人気商品を3つ紹介

CRC556で接点復活剤の代用はできそうですが、心配もつきまといます。

接点復活剤として売られているものの方が安心です。ネットで人気の商品を紹介しますので、参考にしてくださいね。

★ ガリ取りくん(Sunhayato)

エレキギターなどの、ジャック部分の「ガリ取り」に最も適している商品です。

接点についたカーボンの汚れを取り除くはたらきが強く、特に銀の硫化防止に優れています。接点の抵抗を少なくして、部品の寿命を延ばすのも特徴です。

鉱物油、溶剤不使用の商品です。

 

★ナノカーボン

カーオーディオのメンテナンスのために商品化されたものですが、日常の身近なものでも使えます。

ナノメートルサイズの粒子が金属部分の小さなでこぼこに入り込んで、接点を復活させます。

専用の綿棒で塗るため、スプレーのように多くつけすぎる心配もありません。

プラスチックを溶かす溶剤は入っていないため、細かい部品に使うのがおすすめです。

ゲームのコントローラーや、昔のゲームカセットの端子、スマホの充電部分にも使いやすいですよ。

 

 

★チョット塗りエイド

酸化した皮膜を落として接点の通電を改善します。

筆タイプで液が飛び散る心配がなく、臭いも少ないため部屋の中でも使いやすいです。

中字のフェルトペンくらいの大きさで場所を取らず、使い切れる容量であるのも嬉しいですよね。

スマホやゲーム機、電池の通電部分といった、家じゅうの電気部品にサッと使えるのが魅力です。

 

 

 

■まとめ

● CRC556は接点復活剤ではない
● CRC556は接点復活剤の代用はできるが、常用はおすすめしない
● 使う用途によって接点復活剤を選ぶのがベスト
● 接点復活剤は多くつけると故障の原因にもなる

なんでも使えるCRC556は、接点復活剤としても使えるのかと思いましたが、常用は避けた方が良さそうですね。

代用のみととらえて、接点復活の効果を確かなものにするのであれば、専用品を買いましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました