スポンジケーキ型の代用品はコレ!家にあるモノで作る簡単な方法

代用・生活

ケーキを作ろうと思って、材料を揃えていたけど、自宅にケーキの型がなくてケーキ作りを諦めたという経験をされたことはないでしょうか。わざわざケーキの型を買いに行ったという方も多いはずです。

そんな方のために、今回は「スポンジケーキの代用品」についてご紹介していきます。これを知っていれば、気軽にケーキ作りを楽しむことができますよ。

 

 

スポンサーリンク

スポンジケーキ型って?

スポンジケーキ型とは、ケーキを焼く際に生地を流し込む容器です。

種類も豊富で、デコレーション型・パウンド型・シフォン型などがあります。また素材もアルミ・ステンレス・ガラスなど様々です。作り方ケーキに合わせて、サイズや形を選んでいきましょう。ちなみに、ホールケーキは5~6号が一般的です。

初心者におすすめなのは、アルミ製です。アルミは熱伝導率に優れているため、焼き加減にばらつきもありませんよ。シフォンケーキなどふんわり仕上げたい時におすすめです。

 

 

スポンサーリンク

スポンジケーキ型の外し方

底が抜ける丸型タイプの場合は、外す前に型の周りを少し温めることがポイントです。そのままスポンジケーキ型の外側を両手で持って、下にゆっくり引いていきましょう。

逆に底が抜けないタイプの場合は、クッキングペーパーを敷いておくのがベスト。パウンド型や天板を使用する際は、側面部分にあたるクッキングペーパーを長めにカットし、引き出しやすくしておくと綺麗に外すことができます。お湯で温めた包丁で張り付いた部分をゆっくりと剥がしていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

スポンジケーキ型の代用はこれ

スポンジケーキ型は他のアイテムで代用することができます。わざわざ買いに行く手間も省けますよ。

☆牛乳パック

牛乳パックなら、リサイクルで残してあるという方も多いはず。牛乳パックはオーブンにも耐えられるので、ケーキ作りにも最適です。

洗って乾かした牛乳パックをホッチキスで好きな形に止めるだけで簡単に作れてしまうので、気軽に取り入れられますね。ただ、牛乳パックの内側にあるコーティング剤は、高温には耐えられず溶けてしまうのでご注意ください。体には害はありませんが、内側にアルミやクッキングシートを敷いておくと良いですよ。

 

☆クッキングシート

クッキングシートはハサミを使って、好みの形にしましょう。牛乳パックと同様にホッチキスで止めることでスポンジケーキ型の代用になります。

クッキングシートなら、ご家庭にも常備していると思うので、いざという時に便利ですよ。

 

☆グラタン皿

グラタン皿は高温に耐えられるので、もちろんケーキ作りにも重宝します。お皿の内側にクッキングシートや薄くバターを塗ってから生地を流し込むと良いですよ。

 

グラタン皿は100円ショップでも売っているので、取り入れやすいですね。

 

☆バット

天ぷらや揚げ物に使うバットでも代用することができます。浅いタイプのものが多いので、思ったより焼き上がりは早いです。様子を見ながら、焼き時間を調節しましょう。

スポンジケーキ型よりバットは洗いやすいので、片付けもしやすいですね。

 

☆アルミホイル

アルミホイルは熱に強く、オーブンも使用可能です。好きな形にすることができるので、使い勝手も良いです。

厚みがないので、何枚か重ねて丈夫にしてから使いましょう。内側にバターを塗って小麦粉を振ると焦げにくくなります。

 

☆鍋

お鍋をスポンジケーキ型の代用品として使う場合は、必ずオーブン対応であるか確認してから使いましょう。一般的なお鍋は取っ手の部分がプラスチック製なので、溶けてしまう場合があります。

 

深さもあるので、ホールケーキにおすすめですよ。

 

☆フライパン

フライパンの内側にクッキングシートを敷けば、スポンジケーキ型の代わりになります。お鍋と同様、オーブン対応可能と表記がなければ使用は避けましょう。

フライパンはサイズも豊富なので、作りたい型に合わせて選んでくださいね。

 

☆耐熱容器

耐熱容器であれば、オーブンだけでなく電子レンジも使用可能です。お菓子作りの幅が広がりますね。

https://twitter.com/Shino0123_dm/status/1258381031322685440?s=20

ガラス製のものは中身が見えるので、見栄えも良いですよ。

 

☆炊飯器

実は炊飯器でも代用できます。スポンジケーキ型だけでなく、オーブンの代わりにもなってしまうのが素晴らしいですよね。

炊飯器で作るケーキは失敗も少ないので、初心者におすすめです。

 

☆新聞紙

新聞紙は紙なので、オーブンは使えないと思いきや実は高温に強いのです。新聞紙を重ねてホッチキスで止めることでケーキの型を作ることができます。

クッキングシートを敷いてから生地を流し込むことで、焦げムラも無くなります。

 

☆厚紙

厚紙は硬いので、強度的には新聞紙より良いです。使用前にクッキングシートを敷くようにしましょう。

工作好きには堪らないアイテムですよ。型作りから楽しめそうです。

 

☆紙コップ

カップケーキを作る際は紙コップも使えます。

ただ、紙コップはオーブンに入れることを想定して作られてはいないので、燃えてしまうこともあります。オーブン使用はなるべく控えた方が良さそうです。

 

☆弁当用のアルミケース

アルミケースは形が元々作られているので、生地を流し込む際もラクですね。一人サイズのケーキを作る時に役立ちます。

https://twitter.com/Lt7oxgW6Iet5e9v/status/1246323905884598272?s=20

様々な型地があるので、お好きなものを選んでくださいね。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

・スポンジケーキ型とはケーキを焼く際に生地を流し込む容器である。

・初心者におすすめなのはアルミ製のケーキ型。

・底が抜ける丸型タイプのケーキ型は、外す前に型の周りを少し温めると良い。

・逆に底が抜けないケーキ型の場合は、事前にクッキングペーパーを敷いておく。

・スポンジケーキ型の代用品は以下のアイテムがおすすめ。
【牛乳パック・クッキングシート・グラタン皿・バット・アルミホイル・鍋・フライパン・耐熱容器・炊飯器・新聞紙・厚紙・紙コップ・弁当用のアルミケース】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました