シュレッドチーズとは?保存方法や代用品おすすめ 5 つご紹介

代用・食品

グラタンやスープにさっと使えて便利な「シュレッドチーズ」。

使い勝手の良さが魅力ですよね。

 

しかし、シュレッドチーズは便利がゆえに使うことも多いので

「あ、シュレッドチーズ切らしてたんだった!」

ということもありますよね。

 

 

「今から買い物に行くのも大変。シュレッドチーズだけ買いに行くのもなぁ…。」

 

 

今回は、そんな困ったときに役立つ『シュレッドチーズの代用品』についてご紹介していきます。

 

諦める前に読んで、ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

シュレッドチーズとは?

パルメザンや、ゴーダ、ブリーなど様々なチーズがありますが、シュレッドチーズとはどんなチーズなのかご存じでしょうか?

 

 

実はシュレッドチーズとはチーズの種類ではなく、スライスチーズと同様にチーズの形状について表した言葉なのです。

 

 

シュレッドとは、「細かく切る」「寸断する」という意味で、シュレッドチーズは種類に関係なく、細かく刻まれたチーズ全般のことを指します。

 

 

使われているチーズの種類は様々で、チーズの種類によって味わいが違います。

 

よく使われているのは、モッツァレラ、チェダーチーズです。

 

多くの商品は味に深みが出るように数種類のチーズがブレンドされています。

 

気になるカロリーですが、トースト1枚分(20g)で72kcalとされています。

 

チーズは栄養豊富ですがそれなりにカロリーも高めです。

 

美味しいからと言って食べ過ぎには注意しましょう。

 

 

スポンサーリンク

固まらない!?!正しい冷凍保存方法

シュレッドチーズは冷凍保存することが出来ます。

が!

冷凍するとダマになって使いにくくなるということはありませんか?

 

実は、冷凍したシュレッドチーズをダマにしない方法があるのです。

 

 

いつも通り冷凍庫に入れるだけでOK。

 

袋のままでも容器に移してもどちらでもOK。

 

ただ、「冷凍して1~2時間後に一度だけ取り出してほぐす」ことをしてあげてください。

 

 

固まりかけのシュレッドチーズを一度ほぐしてあげることでダマにならず、冷凍してもパラパラの状態で使うことができますよ!

 

 

スポンサーリンク

シュレッドチーズの代用品おすすめ 5 つ紹介

とろけるスライスチーズ

とろけるスライスチーズをハサミや包丁で細く切れば、即席シュレッドチーズの完成です。

 

とろけてくれますし、チーズの味もしっかり。

 

切るのが面倒な場合はそのまま乗せても全く問題ありません。

 

さけるチーズ

おつまみやおやつにピッタリなさけるチーズも代用品として使えます。

 

いつもどおり割いて、料理に乗せるだけでOKです。

 

ちゃんと溶けてくれるので、こちらも問題なく代わりに使うことが出来ます。

 

モッツァレラチーズ

モッツァレラチーズもシュレッドチーズの代わりに使うことが出来ます。

 

ただモッツァレラチーズは熱に強いので、シュレッドチーズのようには溶けません。

 

形が残ることを生かして、ピザや、グラタンに乗せると美味しくいただけます。

 

ゴルゴンゾーラチーズ

ゴルゴンゾーラチーズは、イタリア産のブルーチーズです。

 

ご存知の通り、ブルーチーズは塩分が強くとても癖のあるチーズです。

ブルーチーズ好きの方であれば、シュレッドチーズの代わりとして使っても大丈夫です。

 

マヨネーズ

焼き目を付けるという目的であれば、マヨネーズで代用することも可能です。

 

マヨネーズを使うと味がまろやかになるので、チーズの重さが苦手という人にぜひおすすめの代用品です。

https://twitter.com/livegameevil/status/1132312151975030785

 

 

スポンサーリンク

まとめ

・シュレッドとは、「細かく切る」「寸断する」という意味で、シュレッドチーズはチーズの種類に関係なく、細かく刻まれたチーズ全般のこと

・トースト1枚分(20g)で72kcal。チーズは栄養豊富だがそれなりにカロリーも高め

・「冷凍して1~2時間後に一度だけ取り出してほぐす」ことをしてあげれば、シュレッドチーズがダマになることなく冷凍することが出来る

・シュレッドチーズの代用品おすすめは以下の5つ
【とろけるスライスチーズ、さけるチーズ、モッツァレラチーズ、ゴルゴンゾーラチーズ、マヨネーズ】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました