らっきょうの漬け方は?栄養や代用品についても徹底紹介します

スポンサーリンク
代用・食品

漬物やカレーの付け合わせにぴったりな「らっきょう」。

クセになる味でついついたくさん食べてしまいますよね。健康にも良く、普段の食事にも取り入れやすい食材です。

今回はそんな「らっきょう」の漬け方や栄養について解説していきます。代用品のご紹介もしていきますよ。

 

 

スポンサーリンク

■らっきょうの漬け方

らっきょうは自宅でも簡単に漬けることができます。

漬け方は以下の手順で行います。

1. 水洗いしたらっきょうをザルに入れて、熱湯を満遍なくかけます。

2. 粗熱がとれたら、お好みでお酢と唐辛子を入れます。

3. 漬けてから3日間は、1日に2,3回容器ごと大きく振ります。

浅漬けであれば、10日頃から、しっかり漬ける場合は3週間後頃が食べ頃です。

 

 

スポンサーリンク

■らっきょうの栄養

らっきょうには食物繊維が多く含まれています。そのため、腸内環境を整えてくれる働きがあります。

また、らっきょうの香りは強いと思いますが、それは「ジアリルスルフィド」という成分によるものです。抗酸化や抗菌作用があります。免疫力もつけてくれるので、生活習慣病の予防にも繋がります。

しかし、らっきょうは刺激が強いため、1日4粒までに抑えるのが良いです。

 

 

スポンサーリンク

■らっきょうの代用品

らっきょうは他の食材で代用することができます。
ここでは、おすすめを3つご紹介していきます。

☆玉ねぎ

玉ねぎは酢漬けをすると、らっきょうと似たような味付けになります。スライスして、唐辛子と合わせても良いですね。

揚げた鮭にかければマリネを作ることもできますよ。スーパーにも売っているので、気軽に手に入れられますね。

 

☆カクテルオニオン(ペコリス)

カクテルオニオンとは、パールオニオンの酢漬けです。酸味がきいて、料理のアクセントにぴったりです。

小玉なので、使い勝手も良いですよ。スープやサラダに最適です。煮込むと甘みが出てくるので、子供でも食べやすいです。

 

☆ザワークラウト

ザワークラウトは、ドイツ原産のキャベツの酢漬けになります。食感は異なりますが、酸味の部分ではらっきょうと似ています。

キャベツは整腸作用もあるので、美容にも効果的ですよ。ソーセージやジャガイモも付け合わせにおすすめです。

 

 

スポンサーリンク

■まとめ

・らっきょうは自宅でも簡単に漬けられる

・らっきょうには食物繊維が豊富。

・1日4粒までに抑えると健康に害を与えない。

・らっきょうの代用品は以下の3つがおすすめ。
【玉ねぎ・カクテルオニオン(ペコリス)・ザワークラウト】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました