油を固めるテンプルの代用品はコレ!油の捨て方についてもまとめました

代用・生活

揚げ物をして余った油はどう処理していますか?そのまま排水溝に流すのはNGです。油の正しい捨て方を知って、環境に優しい生活を心掛けましょう。

今回は油の捨て方を解説していきます。再利用できる方法もご紹介していきますね。

 

 

スポンサーリンク

油の正しい捨て方は?

油は液体ですが、燃えるごみとして処分できます。ただし、そのまま液体のままでは捨てられないので、牛乳パックやポリ袋に入れるか、凝固剤で固めてから捨てましょう。

油を捨てる際は必ず冷ましてからにしましょう。他のゴミと触れて、発火してしまう場合があります。水を浸み込ませると冷めやすくなります。

スポンサーリンク

なぜ油を流しに流してはいけないの?

油をそのまま流しに流してしまうと、排水溝のつまりの原因になります。

油が冷たい水と混ざって排水管に残ってしまったり、食器用の洗剤と合わさって粘り気の強い塊になってしまう可能性があります。

また、環境汚染に繋がるので控えましょう。汚れた油が、家庭の排水溝から川や海に流れて水質が悪くなり、魚や鳥などの生き物の命が危険に晒されてしまいます。

必ず自宅で処理を行ってから捨てるようしてください。

 

 

スポンサーリンク

油は固めて捨てるのが正解?

油を捨てるには、固めるのが有効的です。

固めてから捨てれば、油がこぼれる心配もありません。

凝固剤で固める際は、油が温かいうちに凝固剤を鍋に入れましょう。油が完全に固まって冷めたら、ビニール袋に入れてしっかり口を縛ります。燃えるゴミとして処分できるので、安心ですね。

 

 

スポンサーリンク

固める他の代用方法は?

油を捨てるには以下の方法がおすすめです。

牛乳パック+新聞紙

牛乳パックを使用する際は、中に新聞紙を詰めてから油を注ぎます。全て入れ終えたら、ガムテープで牛乳パックの口をしっかり閉じ、ゴミに出します。

夏場は自然発火がしやすいため、中に入れる新聞紙は水で濡らしてから入れるようにしましょう。必ず、油が完全に冷めてから作業してください。火傷の原因になります。

 

 

ポリ袋+キッチンペーパー

ポリ袋にキッチンペーパーを入れる方法もおすすめです。こちらも自然発火を防ぐためにペーパーに水も染み込ませておくのを忘れないようにしましょう。

全て入れ終えたら、袋の口を輪ゴムやガムテープで密閉して、燃えるゴミに出しましょう。

 

 

片栗粉で固める

凝固剤がなければ、片栗粉でも代用できます。油が熱いうちに油と同じ量の片栗粉を混ぜ合わせます。

 

凝固剤のようには固くはなりませんが、油が冷めるころにはどろっとした状態になっているので、捨てやすいです。

 

 

小麦粉で固める

小麦粉でもまとめることができます。片栗粉同様に凝固剤よりは固まりません。

小麦粉は日常的な料理でも使うので、常備しておいても良いかもしれませんね。

 

 

自治体によっては資源ごみとして回収されることも

自治体によっては油を回収しに来てくれるところもあります。リサイクルとして回収されるので、資源の有効活用にも繋がりますよ。

回収方法は各自治体で異なりますが、蓋が閉まる容器に入れて、指定の回収ボックスに持ち込む方法が多いようです。それぞれの自治体で確認してみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

・油は燃えるごみとして処分できる。

・排水溝のつまりや環境汚染に繋がるため、そのまま流すのはNG。

・油は牛乳パックやポリ袋に入れるか、凝固剤で固めてから捨てる。

・油の捨て方は以下の通り。
【牛乳パック+新聞紙ポ・リ袋+キッチンペーパー・片栗粉で固める・小麦粉で固める・自治体によっては資源ごみとして回収されることも】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました