コーヒーフレッシュの成分と代用できるモノを分かりやすく紹介

代用・食品

コーヒーを飲むときには必須という方もいる「コーヒーフレッシュ」。

 

コーヒーの家飲み派の方で、ブラックが飲めないという方であれば頻繁につかうので

「あ!コーヒーフレッシュがない!」

なんてこともあるのではないでしょうか。

 

「コーヒーフレッシュ切らしちゃったんだけど、それだけのために買い物に行くのはなぁ…」

 

今回は、そんな困った時に役立つ『コーヒーフレッシュの代用品』についてお伝えしていきます。

是非参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

コーヒーフレッシュの成分

コーヒーフレッシュの成分は、簡単に言うと「植物油・水・添加物」です。

ミルクは一切入っていません

 

添加物の主なものは酸化を防ぐ酸化防止剤、水と油を混ぜ合わせる乳化剤、とろみを与える増粘多糖類です。

 

 

「添加物がたくさん入っているのであれば身体に悪いのでは?」

と思われる方もいるかも知れません。

 

実は添加物よりも気にしないといけないのが油の方です。

「トランス脂肪酸」という名前を聞いたことはあるでしょうか?

トランス脂肪酸を摂取しすぎると、心筋梗塞や動脈硬化、アルツハイマー病を誘発する危険性があると言われています。

 

しかし、コーヒーフレッシュは1個の量が少ないので、それほど問題ではないという見方もあります。

 

いずれにせよ、1日に1,2個であればともかく過剰摂取には注意が必要です。

 

スポンサーリンク

コーヒーフレッシュの代用

生クリーム

コーヒーフレッシュが無い場合は生クリームを代用品として使うことが出来ます。

 

コーヒーフレッシュよりもクリーミーなので、濃厚なミルク感を味わうことが出来ます。

 

コーヒーフレッシュと比べると、少し(だいぶ?)高いのがネックですね。

 

牛乳

牛乳も、コーヒーフレッシュの代わりに使うことが出来ます。

 

クリーミーさは生クリームには劣りますが、十分に美味しくコーヒーを飲むことが出来ます。

 

カフェでもコーヒーフレッシュを置かずに牛乳を出しているところも多いですね。

https://twitter.com/eri_neko_music/status/1243777264409399296

 

エバミルク・コンデンスミルク

牛乳を濃縮した製品であるエバミルク・コンデンスミルクもコーヒーフレッシュの代用品になります。

 

エバミルクの場合は砂糖が必要ですが、コンデンスミルクは加糖ですので砂糖も加える必要がありません。

 

濃厚なミルクコーヒーを味わうことが出来るでしょう。

 

アイスクリーム

アイスクリームをコーヒーフレッシュの代わりに使うのであれば、ミルクアイスを使いましょう。

 

ホットコーヒーの場合は冷めてしまいますが、猫舌の方にとってはむしろ飲みやすい温度になります。

 

おすすめはコーヒーゼリーに乗せること。暑い夏にピッタリのデザートになります。

 

スポンサーリンク

コーヒーフレッシュ余ったら…

「コーヒーフレッシュを買いすぎて賞味期限が近い…どうしよう…」

そんな時は、料理やデザートに使いましょう。

 

カレーやビーフシチュー、ハンバーグの仕上げにかければ、料理がすごくおしゃれに仕上がります。スープにかけるのもいいですね。

 

また、フレンチトーストやコーヒーゼリーなんかにかけてもおしゃれになります。

 

それでも余る場合は、卵焼きやオムレツに加えて焼けば、フワフワに仕上がるのでぜひやってみてください。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

・コーヒーフレッシュの成分は、簡単に言うと「植物油・水・添加物」

・1日に1,2個であればともかく過剰摂取には注意が必要

・コーヒーフレッシュの代用品としておすすめなのは以下の4つ
【生クリーム、牛乳、エバミルク・コンデンスミルク、アイスクリーム】

・コーヒーフレッシュが余ったら料理やデザートに使う

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました